オンラインにてご受講いただける文学講座を開催しています。
これまで旅の同行をしていただいた先生や、専門の先生方の講義をオンラインで受講できます。


 

 

 2020年 秋の文学講座 

◆フェリス女学院大学 文学部日本語日本文学科教授である 島村 輝先生による、志賀直哉と小林多喜二。島村先生の深い解釈と共に読み解いていきます。

◆小森 陽一先生による、夏目漱石前期三部作。『三四郎』『それから』『門』を特別集中講座で読み進めます。

〈小森先生×島村先生の特別対談〉
今日の時代における文学の力
〜漱石・多喜二から学び、語る〜
の特別回もあります。

⇒お申込・詳細はこちら

 

 

 オンラインで“つなぐ”小森陽一さん文学講座「夏目漱石『心』を読み直す―病と人間―」

多くの方が高等学校の現代国語の授業で、一度は読んだことのある、夏目漱石の代表作『心』をテキストに、
全四回にわたって「病い」とのかかわりで読み直します。
コロナショックによる不安な今だからこそ、19世紀末から20世紀初めの戦争が続く時代に文学の世界で格闘した漱石の営為を学ぶことは、私たちの生きる糧になることでしょう。

⇒ 動画はこちら
*受講料なしでご覧いただけます