安斎先生と伝言の碑



旅行日程
2023年3月11日(土)~13日(月)

定員

30名様(最少催行15名様)

旅行費用

68,000円(いわき駅発着基準)

添乗員

同行いたします

申込締切

2月22日(水)



1,原発事故の幕引き・再稼働をめざす政府、しかし福島の現実は
老朽原発の再稼働をめざして稼働60年超の長期運転に舵を切る政府。そのためにも福島原発事故の幕引きを図りますが、帰還困難区域の現状は12年たっても悲惨なまま。浪江・津島地域の実態に迫ります。

2,「市民訴訟」高裁判決の翌日、原告団長から聞くホットな話
2021年3月の地裁判決で国の責任を認めた「いわき市民訴訟」。22年6月、最高裁が他の原発裁判で国の責任を否定と判決する中、23年3月10日に「市民訴訟」高裁判決が。判決の翌日、原告団長の伊東達也さんに、判決の意味と今後についてホットな話を伺います。

3,核兵器も原発もない世界へ力を合わせて
上野東照宮から移設され、「非核の火」を灯し続ける宝鏡寺。3月11日の碑前祭に参加し、安斎育郎先生のお話を伺いながら、核兵器も原発もない世界についてともに考え、力を合わせることを誓います。



日程

3月11日(土) 

11:40いわき駅集合、宝鏡寺で碑前祭

宝鏡寺・伝言館など見学

「いわき市民訴訟高裁判決について」伊藤達也さんのお話

☆昼食、夕食付〈楢葉泊〉

3月12日(日) 

Jヴィレッジ(車窓)、富岡高校、富岡駅、道の駅なみえ、特定復興再生拠点見学

三浦広志さんからのお話

☆朝食、昼食、夕食付〈楢葉泊〉

3月13日(月)

小高・井田川地区の三浦さん農場

12:50いわき駅にて解散

☆朝食付き


利用ホテル:展望の宿天神(楢葉)

利用バス会社:ブルー観光

食事:朝2昼2夕2


チラシダウンロードはこちら↓から(日程が確認できます)

3月11日発福島の旅ちらし