いざ、東北の夏を感じに





旅行日程:8月30日(金)~9月1日(日)

旅行費用:87,300円(北上駅集合、新花巻駅解散)

宿は和室相部屋、二人部屋追加料金4,000円

定員:21名様(最少催行15名様)

添乗員:同行いたします

申込締切:8月9日(金)定員になり次第締切




〇日本三大花火の「最高峰」、大曲の「全国花火競技大会」をテーブル・イスの観覧席でゆったり鑑賞
 会場の中心部分、視界いっぱいに花火が広がるテーブル・イスの特等席で観覧。日本屈指の煙火(はなび)店が粋を集めた打ち上げ花火1万8千発。フィナーレは全長500㍍、音楽に合わせて5~7分もの壮大な打ち上げ。花火の街大曲が誇る圧巻の光景をゆったりとご堪能ください。




〇宿は花火会場から車で1時間、西和賀町の温泉宿。東北の自然と食満喫
 宿は西和賀町の温泉宿「せせらぎの宿・吉野屋」。花火大会会場から車で通常1時間。自然に囲まれた家庭的なで、部屋からもお風呂からも山の緑を眺めながらせせらぎの音。2日目、花火大会の前には地場の食材を使ったお弁当と産直市、リンドウなど季節の花産直も開催。東北の自然、食とお花も満喫。

〇東北を代表する民俗芸能「鬼剣舞」鑑賞と宮沢賢治記念館。文化・芸能の楽しみもたっぷりと
 宮沢賢治の作品にもたびたび登場する鬼剣舞。東北を代表する芸能「鬼剣舞」発祥の地が北上市。旅の最初は北上市の「鬼の館」見学と西和賀町で鬼剣舞の特別公演。1300年以上の歴史があり、山伏などが五穀豊穣を願って踊った念仏踊りが始まりとされる鬼剣舞をたっぶりと。旅の最後は花巻の宮沢賢治記念館で、賢治の世界に触れてみませんか。



旅行日程
8月30日(金)

12:45東北本線・東北新幹線の北上駅西口集合(昼食は各自)

専用車で「鬼の館」へ

鬼の館見学、郷土芸能・鬼剣舞鑑賞

湯川温泉・せせらぎの宿・吉野屋泊

8月31日(土)

ワークステーション湯田・沢内で産直市

昼食(お弁当)

会場着、昼花火の部開幕

夕食は各自

夜花火の部

湯川温泉・せせらぎの宿・吉野屋泊

9月1日(日)

専用車

宮沢賢治記念館見学

昼食

14時頃、新花巻駅着、解散



利用宿泊施設:吉野屋(西和賀)■利用バス会社:西北交通■食事:朝2昼2夕1